カウンタースツールというアイテムに必要な機能を絞り込み、脚が安定し、立ち座りの動作がスムーズにいくことを重点に考えたデザインとなりました。木製ならではのディテールも取り入れて、あまり見慣れないフォルムながら心地よいスツールとなっています。つんと突き出た座面がカモノハシのくちばしに見えたので、このネーミングです。
サイズ w 460 d 410 h 785 sh 700
素材 ブナ アッシュ ナラ ウォールナット レッドオーク
メープル ケヤキ ブラックチェリー パープルハート
仕様 蜜ロウワックス仕上げ


    
 

オリジナル家具を作りたい、と2000年に声をかけていただき始まったワークショップスタイルでの開発。その間、私もデザイナーとして成長させていただきました。
高度な機械技術と丁寧な手作業のバランスが絶妙なモノづくりの体制が魅力のイス専業メーカーです。「自分にはデザインはわかりませんから」が口癖の宮崎勝弘さんですが、いつも提案に自分流の解釈をさりげなくふりかけてくれます。それが夜の呑み会の火種になることも……たまに。

http://www.miyazakiisu.co.jp/

カウンタースツールというアイテムの開発。必要性は理解しているのですが、どのような切り口で取り組むべきか悩みました。お題が出てから1年ぐらいは手がつけられず放置状態。

あまり市場のリサーチはしない方ですが、この時はいろいろと調べました。そもそも、カウンタースツールの需要は特殊です。住宅なら一家に2脚もあれば充分ですし、飲食空間だと空間機能にアジャストさせる必要が出てきます。世のヒット商品は概ね昇降タイプ。

さて、木製で何が売りになるのだろうか。

考えたのは、宮崎椅子製作所の定番と言える「構造的な美しさ」を基本として、機能的にも特徴を加えた踏台のようなイメージ。
それは二つの理由からです。

1・脚を乗せる部分を広くして、安定感のある提案にする。
これは個人的な好みもあるかもしれませんが、多くのカウンタースツールの脚乗せ部分は細くてホールド感がなく、いつも脚が安定しない印象がありました。

2・カウンタースツールに立ち座る時のすこし不安な感じを軽減するため、前脚を無くして出入りしやすいデザインとする。
椅子のように後ろに引いて降りることがしにくいので、前脚を無くしたキャンティレバー構造にすれば楽になると考えました。1の脚乗せの安定感もこの機能を助けてくれています。

構造の特徴は1次試作からほぼ問題ありませんでしたが、なにかぶっきらぼうな印象が拭えません。それで、2次試作からは脚の開きや傾き、端部のディテールなどを何度も調整してたどり着いたデザインです。

少し心配だった強度試験も一発合格! これはさすが宮崎椅子製作所。

座面は板座ですが、優しく削り取られた曲面が座り心地の良さを生み出しています。もちろん、脚カット対応。一番低い時も想定してデザインしていますので、バランスが崩れることはありません!

木製のカウンタースツールとして、面白い切り口の提案となっていると自負しています。

今回始めて村澤さんと一緒に開発をさせて頂いたのですが、現場での村澤さんはとても明るく、元気でいつも難題をぶつけてきます。

しかし「押し付ける」のではなく同じ目線で、その難題を真剣に、時には面白可笑しく解決しようとしてくれます。その行程はまるで無理問答のようではないかと思うのですが、その問答の先にいい椅子への糸口があるように思います。
 
1次試作が組み終わり、改めて全体を見て感じたことは「動物みたい…」
まさしく「beak」「くちばし」の名前に負けないインパクトでした。

もちろん、最初は完成形のようなシュッとした印象ではなく頭でっかちで、何か大幅に寸法を間違えてないか…と何度も図面を見返したほどでした。
何せ現場のスタッフからは「これ、どっちから座るんかえ?」という言葉まで飛び出したのは、ここだけの話で…

それから1次2次とワークショップを重ねていく中で、初めの「動物みたい」な印象からその可愛らしさを残しつつ、立派なカウンターチェアとして変わって行くのは村澤さんと一緒に行うワークショップの凄さかなと思います。
 
今回のカウンターチェアは左右のフレームに座、足置き、と潔いほどシンプルな構造になっています。後ろの貫を座の位置まで上げることにより、後ろから見た時によりすっきりとした印象になりました。

印象的な効果だけでなく後ろに引く時の手掛かりとしても一役買っていたりもします。また村澤さんは「べったりした足置きにしたい」と当初から言われていました。小柄な人がカウンターチェアに座るときどうしても足掛けに体重を預けなくてはなりません、足を「掛ける」のではなく安心して足を「置ける」のも魅力の一つです。前脚が短く座面の下の空間が広いことから座る時や立ち上がる時に足が引っかかることがなく、とてもスムーズな動作で座って頂けるのではないかと思います。