Cu-03 Stacking stoolCu-03 Stacking stool
このデザインは、歴史的にもたくさんの原型があります。でも、成形合板ならほんの少しの変化で新しいことができるかもしれない。そんな想いから開発を始めました。
テーマは「重ねたとき、並べたときに美しい。」です。
座面より上に飛び出した脚が、座るときと立つときの手の置き場となります。そして、持ち運びの取手にもなっています。場所を選ばないスツールだからこそ、手との関わりも重視しました。
せっかくなので色も楽しめるバリエーションを考えています。突然新色が追加されるかもしれませんので要注目です。
サイズ w 545 d 340 h 550 sh 420
素材  ビーチ メジロカバ
仕様  ウレタン塗装
2016年3月に開通の北海道新幹線。青森からトンネルの中をひた走りその出口で最初に見る北海道の景色が、齋藤製作所の敷地です。成形合板を中心とした木工工場ですが、2015年まではオリジナルの開発は行っておらず、縁の下の力持ちメーカーでした。私たちが良くお世話になるホールや劇場の椅子を多く手がけていますが、現場からの多様な要望に応えるための柔軟性を持ち合わせています。今や成形合板は新しい技術ではありませんが、原点を見直して成形合板のスタンダードを作り上げる取り組みが続いています。

http://www.saitoss.net/