Cu-01〜03までの開発で得てきた成形合板の特性をもっと活かせないかと考えてデザインしたチェアです。成形で曲げることで生まれる美しいライン。成形でしか生み出せない微細なたわみによる座り心地。その両立がバランスよく納まりました。この椅子は一部無垢材を使用しています。適材適所の考えで、これに続く成形合板家具のあり方を考える起点となりました。
サイズ w 495 d53 h780 sh420〜450(脚カット対応)
素材  ブナ ウォールナット
仕様  ウレタン塗装

2016年3月に開通の北海道新幹線。青森からトンネルの中をひた走りその出口で最初に見る北海道の景色が、齊藤製作所の敷地です。成形合板を中心とした木工工場ですが、2015年まではオリジナルの開発は行っておらず、縁の下の力持ちメーカーでした。私たちが良くお世話になるホールや劇場の椅子を多く手がけていますが、現場からの多様な要望に応えるための柔軟性を持ち合わせています。今や成形合板は新しい技術ではありませんが、原点を見直して成形合板のスタンダードを作り上げる取り組みが続いています。

http://www.saito-fac.co.jp/

 

成形合板のデザインが楽しくなっています。もともと、長い時間我慢してきたテーマだったので、解禁されたら気持ちが止まりません(笑)。それでも、まだまだ基本段階。シンプルなものこそ課題が多いのです。
工場からは「3次元シェルデザインもできますよ!」と誘惑の言葉がかけられますが、階段は一段一段登らないと成果の検証もできません。というわけで、今回も2次元の曲線デザイン。

2次元だから簡単? というわけではもちろんありません。
成形の特徴を最大限生かすために考えた案でも、製造の視点では無理が多かったり、期待した機能が得られなかったり……。このへんの開発秘話は股旅放談に詳しく書いていただいたのでそちらをご覧ください。

とにかく、無垢の木材を削りだすフォルムとは明らかな違いをデザインしたかったので、最終的には少しユニークな形状になりました。座り心地などは申し分ない出来上がりでしたが、すんなり住宅空間に馴染むかどうかが最後の悩み。展示会での反応も抜群というわけではありませんでした。
そんなときに知人の建築家のオープンハウスに使ってもらえる機会があり、モダンな木造の中に設置してみたらなかなか相性がいい!
座り心地の最後の調整を行い、ようやく自信をもってお勧めできる精品になりました。
百聞は一座にしかず。ということで、まずは座っていただきたい椅子です。

 Cu-04ダイニングチェアは完成までに小さいマイナーチェンジも含めて実に7つの形状を経て出来上がりました。
1年半前にスタートしたオリジナルの商品開発は定番と言えるダイニングチェアからではなく、どちらかというと隙間的アイテムから始まりました。これは村澤さんにワークショップで初めて提案してもらったデザイン4種類から、挑戦したいもの、自分達でやりたいと思うものを多数決で選び決めた結果でした。開発が進み、Cu-02のフロアラウンジを作ってみたあと、次のダイニングチェアにもぜひ取り入れたいと思う機能は固まっていきました。
そこでそろそろダイニングチェア製作へとなった時に、さりげな〜く村澤さんに聞きました。 「考えてるよー」。
ほくそ笑み(笑)。

デザインがあがるのを楽しみに待ちます。
そしていよいよご対面。みせてもらったそのA案、なるほど〜、こうなりましたか。楽しい発見と新鮮な感動の瞬間です。制作スタッフも作る上での意見も出しあい検討し、修正も入りました。そうしてすぐ試作を製作。ところが、出来上がった試作は期待していた特徴がほとんど機能しませんでした。
これには、村澤さんも“悩み中”とのこと。
少したって、視点と優先を変えた新しい発想のB案を出してくれました。ただ、やはりダイニングの1作目は特徴を出したものにしたかったので、A案に盛り込もうとしたこだわりは捨て難く。
次の試作取り掛かりまで間が空いていると、A案の流れを汲んだC案が来ました。これです!

ダイニングは2種類あった方がいいので、二つとも試作をすることとなり製作を進めていましたが、村澤さんからB案によく似た解釈のものを見つけてしまったとのことでB案中止があっさり決定。結局C案だけ進めることになり、試作をし、フォルム改良も経てようやく現在のCu-04が出来上がりました。

こだわった最大の特徴は背だけが動きに合わせてしなること。
シェルやフレームものでも全体的なしなりを持つ構造もありますが、これはあえて背だけの部分的なところにしなりの機能を持たせたのが新しいところ。前脚は無垢材をフィンガーでつなぎ意匠にもこだわり、後ろ脚は成型で構成。
必要なところに適切な技法を組み合わせて構成したこだわりのチェアの完成です。

実際出来上がったものに座ってみると、ゆったりとした座に動きを邪魔しないちょうどいいハーフアーム。そして腰をしっかりホールドする大きめの背板は木質感を感じる板でありながらしなりによってあたりが柔らかい。ときどきゆらして心地よく、背骨が伸びる感じがいい。
アームもまた成型のラウンドした形状はグリップしやすく、疲れたときには手のひらを添わせたり、下から掴んだりして、無意識に血流改善にも利用してしまっている感あり。ちょっとしたこだわりの仕掛けで、長時間座っても疲れにくいと感じるので、ダイニングチェアに限らず、ワークチェアとしての用途もお勧めです。

紆余曲折も途中ありましたが、使いやすい面白い椅子が出来た気がします。
ぜひその面白さを多くの方に実感していただければと思います。