細い鉄の引手と鋸目の残る前板が、繊細な形状のデザインに独特の陰影を作り上げています。このシリーズはセミカスタマイズが出来るのが特徴。扉、引き出しの位置を自由にオーダーできます。自分の暮らしにあわせて使い勝手を選ぶ楽しみを提案しました。
サイズ テレビボード   w 1525 d 430 h 360
    リビングボード  w 1525 d 430 h 610
    リビングボックス w 775 d 430 h 985
素材  レッドオーク
仕様  オイルフィニッシュ
箪笥の町、府中。松井木工も婚礼箪笥を主に製造している工場でした。その技術を活かした新しい製品を生み出したいという気持ちから、現代の収納家具のスタンダーを目指した開発が2010年よりはじまりました。
日本の家具の原点でもある箱モノの歴史をふまえつつ、残したい事と変化してゆく事を見極める開発が続いています。

http://www.matsui-mokko.co.jp