delta四方山話股旅放談 delta
少し大きめ、でも軽い。技術の見せ所も意識しつつ、できるだけ空間で控えめに存在したい、そんなデザインのイスです。3方向から合わさる構造のおかげで、細身ながら強度のある形が実現しました。座面は布バネを使用することで、軽さと座り心地の良さを両立しました。
サイズ w 480 d 520 h 780 sh 420
素材 木部・ ウォールナット または ナラ
  座面・
ダイメトロール下地+ウレタンフォーム
    カバーリング座面
仕様 オイル仕上げ
インテリアナス
全国から若い職人が集まってきている元気のいい工場。なんと技能オリンピックの日本代表選手もいます! 手作業がメインで、「作れない」を言わないことがポリシーです。水谷松治社長はとてもアイデアマンで、私が考えつかないような納まりをさらりと提示してくれます。若いパワーと熟練の技の織りなすハイレベルな開発は、オリジナリティーの高いモノづくりの原点になっています。

http://www.interior-nasu.jp/

 

 

delta 四方山話
インテリアナスでの開発は、水谷社長を筆頭に若い職人集団との掛け合いが大事な仕事です。「これをつくりたい!」と思わせるのが最初の一歩。形だけでなく、作り方や他のメーカーにはできないこだわりなどを、お互いの会話から紡いでゆきます。

deltaは、できるだけ細身のフレームで軽量化しつつ、構造的にも技術的にも見せ場をどのように作るかがテーマでした。
そのためにパーツが3方向から合わさる形状を提案しましたが、直角に交わる部分が無いので、現場では基準を作るのが大変だったと思います。

一人の職人がその生産を最後まで担当する開発は、試作の段階から責任感が違います。1次試作は「手を入れる」ことが前提の対話の元。問題が多い方が、意外と盛り上がったりするものです。今回も、ほとんど現場で解決してゆきました。このリズムが大事です。
そして新しい取り組みにも挑戦しています。
今まではできなかった座面の軽量化。ダイメトロールという布バネを張りその上でカバーリングにすること。これは静岡の園田椅子製作所に技術指導をしていただきました。
ちなみに、このカバーリングは単に「洗濯できますよ」だけが目的でなく、構造をカバーすることで余計なパーツを隠し、フレームの美しさを際立たせる効果も生み出しています。

毎回のワークショップでは若い職人の体力についてゆくのが大変ですが、夜の飲みならまだ負けませんよ!

delta 四方山話
ページの先頭へ
股旅放談 インテリアナス 早瀬 宗二郎
『おはようございます〜』
工場に入って来る第一声は誰よりも大きく明るい。
村澤さんだ!!
スタッフ全員に挨拶や気軽にトークをしてくれる数少ないデザイナーだ。
2007年村澤デザインとの製品開発が、イスから始まりテーブル、チェスト、ソファーなど幅広くアイテムを増やしている。

2013年が「delta」だ。

まず、どろの木(加工のしやすい軟らかい木)で形を作り出す所からイスの試作は始まる。
そのモデルをつくり、仕口を決め作業手順などを構築していく。そこから、治具を作りナラの木で1本製作する。
工場にはNCが無いので、いかに治具を正確に作るかが鍵である。
今回もなかなかやっかいでした。
1本出来上がったら村澤さんとのワークショップ。

まず、全体を見て座る。そこからが忙しい。
「もうちょっとスッキリにしたいな!」工場に行き機械で加工。
『背中もこうゆうふうにしようか!』また、工場にいき機械で出来ない部分は手ノコ、ノミ、鉋を使い村澤さんのイメージ通りに!!
なおかつ速さを心がけワークショップを楽しむ。
それを繰り返し村澤さんとの家具ができていく。

『どう? 楽しそうでしょう? まぁ大変だけどね!! 笑』

けど、試作ってその作品に一番最初に座れる時が最高に嬉しいんですよ!
今回も最高でした。
「delta」座り心地が抜群なんですよ。苦労も吹っ飛ぶくらい。

「delta」では、張りにも挑戦!ダイメトロールを採用。いろんな方にアドバイスをもらい何とか間に合いました。

これからも、製品作りだけに留まらず色々な面でもワークショップを重ね村澤さんの作りたい『モノ』とインテリアナスが作りたい『モノ』を一緒に作れたらと考えています。
また近いうちに、旭川に来られると思いますので、
おいしいお酒、おいしいご飯を食べながら『ミライ』を創造していきたいです。
若輩者ですが、これからもよろしくお願いします。
股旅放談 インテリアナス 早瀬 宗二郎
ページの先頭へ