ハーフアームの特徴を、椅子全体の構造に活かしたデザインです。直線的で細身に仕上がっていますが、三角形を構成する部分が構造を強くし十分な強度を生み出しました。この部分が、横から後にかけての姿を美しく魅せてくれます。気持ちコンパクトなサイズ感を目指したので、阿波弁で小さいという意味の「こまい」という名前にしました。
サイズ w 474 d 554 h 767 sh 420
素材 オーク  ウォールナット  ブラックチェリー
仕様 オイルフィニッシュ
建築造作も含めて幅広い特注家具を積極的に請け負うことで技術を磨いてきた秋月木工が、2013年、久しぶりの自社製品に取り組みはじめました。 「何でもつくる!」という言葉は、時には個性の無い事にも繋がりますが、秋月さんは創意工夫好きで見えない部分へのこだわりもなかなかのモノです。手間を惜しまず、自分たちらしい家具の開発の試行錯誤が続きます。

http://www.akizuki-mokko.co.jp