成型合板の可能性は、長く緩やかなラインをつくれることです。無垢材と違いつなぎ目のない曲線は、とても優雅でやさしい印象を与えてくれます。このラウンジチェアーはとても少ないパーツながら立体的であり、身体に馴染むデザインになりました。
サイズ w 635 d 875 h 930 sh 350
素材  ブナ積層合板
仕様  ウレタン塗装
2016年3月に開通の北海道新幹線。青森からトンネルの中をひた走りその出口で最初に見る北海道の景色が、齋藤製作所の敷地です。成形合板を中心とした木工工場ですが、2015年まではオリジナルの開発は行っておらず、縁の下の力持ちメーカーでした。私たちが良くお世話になるホールや劇場の椅子を多く手がけていますが、現場からの多様な要望に応えるための柔軟性を持ち合わせています。今や成形合板は新しい技術ではありませんが、原点を見直して成形合板のスタンダードを作り上げる取り組みが続いています。

http://www.saitoss.net/

 

成型合板は「型」から生まれるのでいつでも型さえ作れれば同じものが安定して作れる。と、思っていた自分の認識の甘さを感じる開発が続く中、以前から挑戦したかったハイバックのラウンジチェアーに取りかかりました。

図面で見ると良い感じなのですが、現場からはあまり良い反応がもらえません。試作の合板切り抜きでは問題無しですが、製造現場のみなさんはこれから起こりうる困難を意識しているので、単に造形的にきれいだからという理由で「はい、やりましょう!」とはなりません。

私としては簡単に解決すると思っている部分が、意外と難しかったりする。
成型合板は、木工の素材に対する造詣と工業製品に求められる精度が共存しています。型を作るときから、誤差を予測して木材の特質を意識した開発となるのです。

結局、現場の判断でデザインを微調整。それがとても奇麗に治まっているのだから嬉しい結果でした。量産にむけて更なるハードルが待ち構えていますが、難しいを解決することがものつくりの醍醐味です。

難しいに取り組むから、オリジナリティが生まれます。
成型合板の可能性はまだまだあるはずです。
このOndaは、その入口を改めて認識させてくれた開発となりました。

いよいよハイバックチェアへ挑戦。
成型合板の特徴がよく出るこのタイプの椅子は、最初の提案図面から、現場から様々な意見が出ました。
2回、3回と曲がった成型同士の精度が求められる接続の難度、角度がきつすぎないか、立ち上がりにくさの解釈。見据える販売先。いくつかの修正をして、くりぬき合板での試作。
ワークショップで検証し、座り心地や、起き上がりの容易さ、くつろぎ感の議論をしながら修正をしていきました。

いよいよ、型製作。
成型の癖を見越して作ったのですが、合いません。
カットの修正では合わないくらいのずれだったので、1型を作り直しました。その造り直しもどう修正するか、意見が分かれましたが、半ば多数決のような形で決断。

2回目。きっちりは合いません。参りました、土壇場です。そこで一部のデザインを変更。
それに伴う、仕上げも変えてみました。すると、出来上がったものは、最初の図面と違和感のない、全体的なバランスもとれたものに収まりました。
試作過程での議論で輸送コストを抑えたくノックダウンや、軽量化を狙った機能も入っていきました。

そして、なにより今回は村澤さんに、今までのシリーズからの新たな局面だからと個別の名前を依頼し、命名してもらった名前はOnda.イタリア語で波を表すとのこと。
波をイメージするゆったりシルエット。

張り込んだ背座の美しいフォルムの布地に加え、もうひとつコットンベルト張りも程よく体にフィットしながら支え、快適です。シーンやお好みで選んでいただけると思います。

まだまだいくつかの細かい改良点はありますが、大事に育てていきたい商品が出来ました。