salviaLIVING CHEST/LIVING BOARD+SET UP SHELF四方山話股旅放談 LIVING CHEST/LIVING BOARD+SET UP SHELF
床に置く収納というより、ふわっと浮いている箱、というイメージでデザインしました。収納量はそれほど多くないですが、大事なものをしまっておくにはちょうどいいボリュームです。
セットアップシェルフはチェストやボードに取り付けて、使い手の個性の魅せ場となってくれます。
サイズ CHEST  w 1050 d 420 h 810
  BOARD w 1810 d 420 h 810
  SHELF   w 1050 d 000 h 760
素材 ウォールナット ブラックチェリー オーク
仕様 オイルフィニッシュ
salvia SOFA/TV BOARDsalvia SOFA/TV BOARD
箱を作る技術でソファを作る、というところから始まったデザイン。箱の脚と共通の細い角材を指物の技術で組上げています。シンプルながら大胆な構造は、現物の後ろ姿でご覧になってください。
サイズ SOFA w 1810 d 780 h 715 sh 400
  TV BOARD w 1050・1570・1800 d 420 h 420
素材 ウォールナット ブラックチェリー オーク
仕様 オイルフィニッシュ
松井木工
箪笥の町、府中。松井木工も婚礼箪笥を主に製造している工場でした。その技術を活かした新しい製品を生み出したいという気持ちから、現代の収納家具のスタンダーを目指した開発が2010年よりはじまりました。
日本の家具の原点でもある箱モノの歴史をふまえつつ、残したい事と変化してゆく事を見極める開発が続いています。

http://www.matsui-mokko.co.jp

 

 

 

 

salvia 四方山話
独立して事務所を立ち上げてから数年間、静岡の箱ものメーカーとおつきあいがありました。そのとき驚いたのが、収納というデザインがいかに売り場目線でできているかということです。「他の収納より少しでも背を高く」「他の収納よりより機能を多く」「他の収納より引き出しを多く」など、使い手のことや生活空間のことはそっちのけ。いかに目立つかが勝負。結局このときは私の案は商品化されず、その後ぷっつりと箱もの開発と縁がない状態が続いていました。

何となく自分も収納とは相性が悪いな、と思い込んでいたのかもしれません。
そんなときに、府中の松井さんと出会いました。

工場の規模もちょうどいい具合で、何より伝統的な箪笥製造をしながらも新しいデザインへの取り組みにも積極的です。

これなら、トラウマを解消できるかもしれない!

松井木工との最初の取り組みで生まれたのがこのSALVIAシリーズです。箱の構造は箪笥で培った技術をフルに活用(これは現物を見ていただかないと説明が難しい)。それでいて箪笥のように重い印象をなくすように全体を浮かせたデザインとしています。

収納量とかサイズとか、そんなことより「使ってみたい」と思ってもらえることが大事。何を収めるのか、どこに置くのか、そんな気持ちを楽しみながら使う箱のシリーズが誕生しました。
salvia 四方山話
ページの先頭へ
府中で婚礼家具製造メーカーとして創業以来84年、私で3代目になります。
近年、婚礼家具の販売が厳しくなり、生き残っていくために何でも作ろうと必死に模索していました。

そんな中で、大川の展示会に出品し続けていたことが、ムラサワさんと出会うきっかけになりました。ムラサワさんは、今まで、取り組んだデザイナーさんとは一味もふた味も違っていました。

それは、使う側の思いはもちろんのこと、ワークショップをとても大切にされ、松井木工社員一人ひとりの様子までも、たくさんインプットしながらデザインされます。
会社の向かうべき方向性もデザインの中に組み込んでいくという、まさに職人肌のデザイナーに私は心底シビレています。

好評をいただいている「サルビア」は、ムラサワさんと最初に取り組んだ商品です。
ムラサワさんならではのディテールとこだわり、拡がり。
松井木工の自信ある技術力と共に、ムラサワさんと二人三脚で、大切にじっくり育てています。

今後も、どんどん新しいデザインの商品を一緒に発表したいと思っています。

「たくさんのお客様に喜んでもらいたい、笑顔になってもらいたい。」

ムラサワマツイで実現中・・・
出会えたことに 感謝 感謝 です。
股旅放談 松井木工 松井邦明