シリーズ展開しているsalviaに、日本の「水屋箪笥」を意識したアイテムが追加されました。これまでより重心を低くして、扉も引き違いとしています。収納というよりは、魅せる棚に近いデザインなので、器などが入ることで一層存在感が増します。
サイズ 台輪タイプ  w 840 d 420 h 870
  脚タイプ w 1050 d 420 h 1200
素材 オーク ブラックチェリー ウォールナット
仕様 オイルフィニッシュ
箪笥の町、府中。松井木工も婚礼箪笥を主に製造している工場でした。その技術を活かした新しい製品を生み出したいという気持ちから、現代の収納家具のスタンダーを目指した開発が2010年よりはじまりました。
日本の家具の原点でもある箱モノの歴史をふまえつつ、残したい事と変化してゆく事を見極める開発が続いています。

http://www.matsui-mokko.co.jp